住宅ローンの繰り上げ返済とは?

住宅ローンを長年組んでいると、まとまった現金を手に入れるチャンスもあるかと思います。
その様な時は是非、繰り上げ返済を検討してみてください。
繰り上げ返済は月々の支払いとは別のもので、まとまった金額を返済する事です。
繰り上げ返済をすれば、ローン元金を減らす事が出来ますので、借入額を減らす事ができます。
借入額が減れば、月々の返済額も減る。
という事になります。
繰り上げ返済をする時には手数料がかかる場合とかからない場合があります。
ローンの支払いをしている方の中で借り換えを考えている方も多いでしょう。
借り換えとは、他の銀行へ住宅ローンを組み直す事です。
借り換えをすると、返済額が減る事もあります。
ですが、借り換えをして必ずメリットがある。
という訳ではありません。
なぜなら、借り換えにもそれなりの金額がかかるからです。
無料で借り換えができる。
という所はまずないでしょう。
借り換えを考えている時はそういった事も含めたいだいの返済額が計算できるシュミレーションを利用し借り換えをしてどの程度得になるか、事前に調べると良いでしょう。
マイホームを購入するという事は誰でも憧れる事だと思います。
ですが、住宅を購入する際には必ず住宅ローンの審査が必要です。
現金で家の値段を支払えれば何も問題はありませんがそういう方は数少ないですよね。
ですから、一般的には銀行の融資に頼る方が多いです。
住宅ローン審査は、他のローン審査に比べて特別厳しい物だと言われています。
35年という長期間の支払いが出来ないといけないので、中には審査に通らない方も出てきます。
審査に通過できない一番の理由は収入面です。
ローン審査に合格するには、最低ラインで300万以上の年収が必要だと言われています。
ただ、それだけで良いという訳ではなく、会社の規模や勤続年数などもチェックされます。
住宅ローンを申し込みする時、強制加入する保険があります。
この保証会社とは「団体信用生命保険」という保険になります。
団体信用生命保険という物は、ローンを組んでいる世帯主にもしもの事があった場合、残りのローン残額が0になる保証です。
これは残された家族がローンに困らない様にする為の特別処置です。
保証会社はその銀行によって違いますが保証料は銀行負担というのが一般的です。
保証料は自己負担ではないので、安心して住宅を選ぶ事が出来ます。